BLOG

前橋にあるまえばしtact整骨院がけがについてお伝えします!

2018/11/17
前橋にある整骨院はけがが得意

こんにちは!前橋にある整骨院、まえばしtact整骨院です。

小春日和の今日、いかがおすごしでしょうか。

部屋の掃除、布団を干したり気持ちがいい季節ですね!

 

今回は整骨院でみることができる「けが」についてお伝えします。

前橋にある整骨院でみることができる「骨折」についてですが、

骨折は全ての骨に起こり得えます。骨は元来、若干の柔軟性・弾力性・可塑性を持ち、健康な骨は骨折しにくいですが、限界を超える強い外力や反復した外力、骨に腫瘍などの病変が存在する場合は軽微な外力でも破壊されます。また、鎖骨や手の舟状骨など構造的に外力が集中しやすく、折れやすい骨も存在します。ヒトの骨折のうち、日常生活で骨折を起こしやすい骨としては、鎖骨肋骨指骨鼻骨尾骨橈骨尺骨脛骨腓骨等が挙げられます。

なお、骨折して完治した後、個人差や治療法によりますが、左右の腕や足の長さに違いが生じることがあります。ただし、成長期では自然治癒力により同じ長さに矯正されることも多いです。手術により矯正することもあります。

原因による分類

外傷骨折

健康な骨に対して外力が加わったことによる骨折を指す。事故による骨折などはこれに分類される。なお、骨折の直接原因が外力が加わったものであっても、病的原因がある場合には病的骨折に分類される。

疲労骨折

健康な骨に対して繰り返し外力が加わったことにより、疲労が発生して起きる骨折を指す。なお、一度あたりにかかる外力は骨の耐久度以下のものであるにもかかわらず疲労により起きるため、不全骨折(亀裂骨折)となりやすい。

病的骨折

何らかの疾病により、骨の健康性が失われたことに起因する骨折を指す。直接的には何らかの外力が働いたことにより骨折するが、それ以前に疾病により骨の耐久度が低下していたため、発生した骨折である。病的骨折に至る疾病としては、骨肉腫多発性骨髄腫、転移性骨腫瘍などが典型例である。

以上、ウィキペディアより参照しました。

最近では、ケガをした場合、整形外科で初診を受けられることが多いかと思います。ケガは時間帯を選ばず発生するので、夜間や休日の時に起こることもあると思います。

その際は、時間外でも前橋にある整骨院のまえばしtact整骨院は、連絡をいただければ対応致します。

どうぞ、ご活用ください。

以上、ありがとうございました!