BLOG

前橋にある整骨院まえばしtact整骨院が看護概論についてお伝えします!

2020/08/14
前橋にある整骨院看護概論

おはようございます。

前橋に在る整骨院

まえばしタクト整骨院です。

 

昨日はたいして疲れていないと

思っていましたが、

眠かったので、早めに寝てしまいました。

自分で思っているよりも

カラダには負担がかかっているのかもしれません。

今日もしっかり栄養と水分をとって

しっかり生命活動と社会活動を実施します。

 

それでは、本日の看護概論に

ついてお伝えします。

医学書院 新看護学6 基礎看護1 看護概論 より

○ナイチンゲールから始まった近代看護

フローレンス=ナイチンゲール(1820-1910)の功績

①看護の定義の明確化、②看護婦訓練学校の開設(1860年)③衛生行政・社会保障制度の充実と改善、

④著述活動と健康教育、⑤女性の地位向上への貢献など

→『看護覚え書』は、今から160年以上前である1859 年、彼女が39 歳のときに執筆したもの

 

○看護の定義

ナイチンゲールは、これまで普遍的で日常的に行われてきた営みを「看護」という言葉で定義した。

『看護とはこれまで、せいぜい薬をのませたり湿布剤をはったりすること、その程度の意味に限られてきている。しかし、看護とは、新鮮な空気、陽光、あたたかさ、清潔さ、静けさなどを適切に整え、これらをいかして用いること、また食事内容を適切に選択し適切に与えること』

ナイチンゲールは、平凡にみえる日常生活の中に不可欠で深い営みを再発見してそれを看護とあらわした。

看護のなすべき領域を、

①換気と保温、②住居の健康、③小管理、④物音、⑤変化、

⑥食事、⑦食物の選択、⑧ベッドと寝具類、⑨陽光、⑩部屋と壁の清潔、

⑪身体の清潔、⑫おせっかいな励しと忠告、⑬病人の観察、に分類した。

 

○自然治癒力にはたらきかける看護

ナイチンゲールは「病気とはなにか」を明確にしたうえで、自然治癒力にはたらきかけることを強調した。

『多くの人びとは内科的治療が病気を癒す過程であると思っているが、そうではない。内科的治療とは、外科的治療が手足や身体の器官を対象としていると同じに、身体の機能を対象とする外科的治療なのである。内科的治療も外科的治療も障害物を除去すること以外にはなにもできない。どちらも病気を癒すことはできない。癒すのは自然のみである。(中略)このどちらの場面においても看護がなすべきこと、それは自然が患者にはたらきかけるに最もよい状態に患者をおくことである。

以上、前橋に在る整骨院

まえばしタクト整骨院でした。

 

○交通事故治療について

交通事故に遭ったときには、まず病院に行って検査を受けましょう。

ただ、病院で「異常なし」と診断されても、実際には首や肩の痛み、頭痛といった症状を感じることがあります。

これが軽度の交通事故に多く見られる「むち打ち症」です。

病院の検査では異常がみつからかったものの、痛みがどんどんひどくなってついには慢性化してしまうことも。

病院では根本的な治療ができないため湿布や鎮痛剤を処方するといった、対症療法が中心になってしまうのです。

そういう痛みや違和感などの治療を専門に行っているのが整骨院です。

患者さんのなかには、むち打ちなど交通事故の後遺症で通っている人がたくさんいます。

整骨院は病院と同じく国に認められた診療機関なので、交通事故の自賠責保険も使える上、病院からの転院、あるいは整骨院から病院への転院も可能です。

事故が原因となっている通院の場合、治療にかかる費用はすべて保険会社から支払われます。

さらに、事故が原因で慢性的な症状に悩まされるようになると、後遺障害として認定され、保険会社が規定する慰謝料が支払われることもあります。

 

○整骨院での交通事故の治療費と保険適用について

交通事故の治療は、自賠責保険が適用できます。

自賠責保険の場合、示談の前であれば、治療費は、保険会社から支払われるので、患者様の自己負担は治療費を含め0円です。※他の健康保険なども適用可です。

現在、他の病院(整形外科や整骨院等)に通院されている方でも、転院や併用通院が可能です。

他の整骨院・接骨院や整形外科で良くならなかった方、治療に満足できなかった方も、一度、ご相談ください。

面倒な保険会社との連絡や示談のやりとりについても、ご安心ください。

前橋駅の近隣の交通事故に強い弁護士や、交通事故に強い行政書士とも提携してますので、必要によりご紹介します。

示談のご相談、その他、治療費打ち切り、慰謝料、後遺症認定など、交通事故にまつわる様々なお悩みにも、しっかり丁寧に対応させていただきます。