BLOG

前橋にある整骨院まえばしtact整骨院が患者・家族への援助について⑥をお伝えします!

2021/05/12
前橋にある整骨院患者・家族への援助について⑥

こんにちは。

前橋に在る整骨院、

まえばしタクト整骨院です。

5月の連休がおわり、

長い一週間ですね。

わたしの周りには不調を訴える方が

少なくありません。

季節の変わり目といったら

ひとことですが、

気温の変化と、気圧の変化が

あるのだと思います。

みずからの血流の流れを安定できたら

調子も安定しますね。

最近は呼吸の仕方を意識して、

腹式呼吸をおこなっています。

腰が反らないように

肩呼吸にならないように。

意識すると、無意識の動きも

変わってきます。

ちいさな意識を大切にしましょう。

それでは、本日の

家族への援助について

お伝えします。

〇新看護学より

Aさんの日常生活動作では右片麻痺に応じた指導を行う。

1.寝返り:麻痺側を上にすることが原則である。仰臥位から左側臥位にな

るとき、上肢は左手で右上肢を保持し左側に引っぱり、下肢は左下肢を右下

肢の下から補助して、体幹の捻転を利用し重心を左側に移動する。

2.起き上がり: 寝返りで左側臥位となった状態から、下肢側をベッドの下

に降ろし,左肘関節に重心を移動して起き上がる。

3.立ち上がり: 両下肢を肩幅程度に開き、足底が床に接地するよう健側を

使って整える。ベッド柵や固定された家具を左上肢で保持し、上体を前傾さ

せる。

4.更衣: ゆったりとした衣服を選択し、着るときは患側から、脱ぐときは

健側から行えるよう指導する。ズボンをはくときは座位の状態で行い、右下

肢を左下肢の上に組んで右下肢からズボンを通してはいていく。

5.食事動作: 利き手交換訓練と自助具の使用方法を指導し、食器を固定す

るための滑りどめマットや食事がすくいやすいような食器を選択して、自力

で摂取できるように調整・指導する。

6.排泄動作: まずは床上排泄で、尿器を左上肢で保持して行えるよう指導

する。トイレでの排泄動作では、トイレ内の手すりを用い、車椅子から便座

への移乗動作が安定するようになることから指導する。その後、ズボンの更

衣動作や、左上肢を使用した殿部の拭き取り動作を自立へと導く。

 Aさんの筋力や関節可動域などの身体的能力や精神状況に応じて、上記

の ADL の獲得を段階的に指導する。また、主体的取り組めるように、入

院中のリハビリテーションでは、転院予定であっても退院後の生活を見すえ

て指導やポジティブフィードバックを行い、自立の範囲が広がるように

ADL 指導を行う。

 Aさんのように、脳梗塞の障害によるコミュニケーション能力の低下、

片麻痺の状態や嚥下障害などのセルフケア不足がみとめられている場合、主

介護者である妻がAさんの身体の制限や障害の範囲を把握しておく必要が

ある。看護師は、妻にAさんの ADL の獲得状況と介助や見守りが必要な

場面を伝え、Aさんのセルフケアを阻害しないよう指導する。同時に、妻

に介助の負担をかけすぎないようにすることが大事である。

 その他、ADL 状況に応じた自助具の使用方法や、自宅で代替可能なもの

の提案、自宅の階段や段差、手すりの有無を把握し、より生活しやすいよう

に社会資源の提案をするなど、患者・家族がともに安全に生活できるような

環境調整も ADL 指導の一環である。

 

以上、前橋に在る整骨院、

まえばしタクト整骨院でした。

○交通事故治療について

交通事故に遭ったときには、まず病院に行って検査を受けましょう。

ただ、病院で「異常なし」と診断されても、実際には首や肩の痛み、頭痛といった症状を感じることがあります。

これが軽度の交通事故に多く見られる「むち打ち症」です。

病院の検査では異常がみつからかったものの、痛みがどんどんひどくなってついには慢性化してしまうことも。

病院では根本的な治療ができないため湿布や鎮痛剤を処方するといった、対症療法が中心になってしまうのです。

そういう痛みや違和感などの治療を専門に行っているのが整骨院です。

患者さんのなかには、むち打ちなど交通事故の後遺症で通っている人がたくさんいます。

整骨院は病院と同じく国に認められた診療機関なので、交通事故の自賠責保険も使える上、病院からの転院、あるいは整骨院から病院への転院も可能です。

事故が原因となっている通院の場合、治療にかかる費用はすべて保険会社から支払われます。

さらに、事故が原因で慢性的な症状に悩まされるようになると、後遺障害として認定され、保険会社が規定する慰謝料が支払われることもあります。

 

○整骨院での交通事故の治療費と保険適用について

交通事故の治療は、自賠責保険が適用できます。

自賠責保険の場合、示談の前であれば、治療費は、保険会社から支払われるので、患者様の自己負担は治療費を含め0円です。※他の健康保険なども適用可です。

現在、他の病院(整形外科や整骨院等)に通院されている方でも、転院や併用通院が可能です。

他の整骨院・接骨院や整形外科で良くならなかった方、治療に満足できなかった方も、一度、ご相談ください。

面倒な保険会社との連絡や示談のやりとりについても、ご安心ください。

前橋駅の近隣の交通事故に強い弁護士や、交通事故に強い行政書士とも提携してますので、必要によりご紹介します。

示談のご相談、その他、治療費打ち切り、慰謝料、後遺症認定など、交通事故にまつわる様々なお悩みにも、しっかり丁寧に対応させていただきます。